日本健康支援学会 | Japan Society of Health Promotion お問い合わせ | 入会案内 | サイトマップ

日本健康支援学会 HOME学会概要役員会誌学術集会


HOME > 会誌


会誌










日本健康支援学会機関誌「健康支援」 投稿規定 Japanese Journal of Health Promotion Contribution rule




      第20巻 第2号
2018年9月1日
第20巻 第1号
2018年2月1日
第19巻 第2号
2017年9月1日
第19巻 第1号
2017年2月1日
第18巻 第2号
2016年9月1日
第18巻 第1号
2016年2月1日
第17巻 第2号
2015年9月1日
第17巻 第1号
2015年2月1日
第16巻 第2号
2014年9月1日
第16巻 第1号
2014年2月1日
第15巻 第2号
2013年9月1日
第15巻 第1号
2013年2月1日
第14巻 第2号
2012年9月1日
第14巻 第1号
2012年2月1日
第13巻 第2号
2011年9月1日
第13巻 第1号
2011年2月1日
第12巻 第2号
2010年9月1日
第12巻 第1号
2010年2月1日
第11巻 第2号
2009年9月1日
第11巻 第1号
2009年2月1日
第10巻 第2号
2008年9月1日
第10巻 第1号
2008年3月1日
第9巻 第2号
2007年9月1日
第9巻 第1号
2007年2月1日
第8巻 第2号
2006年9月1日
第8巻 第1号
2006年2月1日
第7巻 第2号
2005年9月1日
第7巻 第1号
2005年2月1日
第6巻 第2号
2004年9月1日
第6巻 第1号
2004年2月1日
第5巻 第2号
2003年9月1日
第5巻 第1号
2003年2月1日
第4巻 第2号
2002年9月1日
第4巻 第1号
2002年2月1日
第3巻 第2号
2001年9月1日
第3巻 第1号
2001年2月1日
第2巻 第1・2号
2000年9月1日
第1巻 第2号
2000年2月1日
第1巻 第1号
1999年9月1日





 日本健康支援学会機関誌「健康支援」 投稿規定 PDF 投稿規定 PDF
 
カバーレター雛形   投稿前チェックリスト   投稿原稿雛形(執筆者情報あり)   投稿原稿雛形(執筆者情報なし)


投稿規定
1 . 論文の投稿は、筆頭著者が本学会の会員である場合に限る。
2 . 投稿論文は健康支援や健康科学に関するもので、他雑誌に未発表のものとする。
3 . 論文の種類は原著、総説、実践活動報告、事例報告、資料、その他とする。原著は独創的な研究論文および科学的観察論文、総説は先行研究を総括・解説したもの、実践活動報告は健康支援の実践活動に関する報告、事例報告は特定の少数の事例ないしは症例を詳細に調査・研究した報告、資料は健康支援に関する研究や活動に有用な情報を含む資料の報告、その他は書評 (学術書に限る)、会員の声、学会報告、レター(掲載論文に対する意見)、研究・教育に関する情報提供などとする。
4 . 人を対象とする研究報告はヘルシンキ宣言の精神に沿ったものでなくてはならない。
5 . 著者は図表や写真等を引用する際、著作権を持つ者の許諾を事前に得なければならない。また、質問紙票等の使用においては適正な手続きを経なければならない。
6 . 論文は「執筆要領」に従い、和文または英文で記し、英文の抄録ならびに英・和(英文論文では英のみ)それぞれ5語以内のキーワード(表題に含まれていない語に限る)を付けて提出する。
7 . 原稿の取捨選択、加除訂正の要求、掲載順序の指定、校正(初校は著者)などは編集委員会が行い、編集委員長の名で著者に連絡する。
8 . 本誌に掲載された論文等の著作権は日本健康支援学会に属する。
9 . 論文の掲載料は2万5千円とする。刷り上がり後に規定の枚数を超えた場合は応分の負担とする。
10. カバーレター、投稿前チェックリスト、投稿原稿(執筆者情報あり)、投稿原稿(執筆者情報なし)の4つのファイルを、ひな形を利用して作成する。図表は投稿原稿に含める。ファイル名は変更しない。作成した4つのファイルをメール添付で送る。
  E-mail: kenkousien.journal@gmail.com


執筆要領
1 . 投稿原稿(執筆者情報あり)の表紙には表題、著者名、所属機関名および住所、代表著者の通信先(以上和英両文)、論文の種類、表および図の数、別刷請求部数(50部単位1万円)を書く。
2 . 和文原稿はワードプロセッサーを用いA4判用紙30字×25行(750字)横書きとする。論文には、英文抄録(250語以内)およびその和訳文をつける。句読点は「、」「。」とする。
3 . 英文原稿はA4判用紙にダブルスペースでタイプする。論文には、英文抄録(250語以内)および和文要旨(1,500字以内)をつける。
4 . 原著、総説、資料の原稿枚数は図表を含めて20枚以内、実践活動報告、事例報告、その他の原稿枚数は図表を含めて10枚以内とする。各ページ下中央部に通し番号を、左側余白部に行番号(ページごとに振り直す)を付す。
5 . 図、表は英文原稿に関しては英文とし、和文原稿に関しては和文もしくは英文とし、文献の後に示す。また、本文中に図表が挿入されるべき位置を明確にしておく。
6 . 引用文献は引用順に番号をつけて最後に一括し、下記の記載例に従うこと。本文中「……報告されている1)。……知られている2,3)。……他の研究を参照した4-7)。」のように文献番号をつける。著者が7名以上の場合は最初の3名を記し、あとは「他」(英文では et al.)とする。


学術雑誌〉著者名: 表題. 雑誌名, 発行年(西暦); 巻: 頁.
1) 村田伸, 甲斐義浩, 安彦鉄平, 他: 高齢者用歩行評価法「バランス歩行テスト」の開発. 健康支援, 2017; 19: 1-8.
2) Trombetti A, Hars M, Hsu FC, et al.: Effect of physical activity on frailty: Secondary analysis of a randomized controlled trial. Ann Intern Med, 2018; 168: 309-316.
3) 厚生労働省: 平成29年国民健康・栄養調査報告の概要.
https://www.mhlw.go.jp/content/10904750/000351576.pdf(参照日2018年11月1日).
   
単行本〉著者名: 表題. 編者名, 書名. 発行所, 発行所在地. 発行年(西暦); 引用頁.
1) 田中喜代次: 肥痩度の測定と評価. 田中喜代次, 木塚朝博, 大藏倫博, 健康づくりのための体力測定評価法. 金芳堂: 京都. 2007; 62-67.
2) Rogers EM: Diffusion of Innovation (5th Ed.). Free Press, New York. 2003; 11-50.
   
   
7 . 謝辞や倫理審査に関わる部分では個人名や所属名を伏せ字(○字)にし、受理後に記すこと。
8 . 審査過程で編集委員会より訂正を求められた論文は2ヶ月以内に再提出することとし、この期限内に再提出されない場合は原則として投稿を取り下げたものとする。再提出の際には、査読者への「修正対応表(回答コメント)」を作成する。その際、ページ数や行番号を用い、個々の指摘に対して訂正・対応箇所を明示する。
 
2017年6月1日(改変)
2018年11月1日(改変)



 Japanese Journal of Health Promotion
 INSTRUCTIONS FOR AUTHORS
PDF Instruction PDF


1 . The first author of the manuscript intended for publication in Japanese Journal of Health Promotion must be a member of the Japan Society of Health Promotion.
2 . Manuscripts must be relevant to health promotion as well as the health sciences. Previously published manuscripts are not accepted.
3 . The categories of publications are original article, review article, field study, case report, material, and others. Original articles provide unique research contents or scientific observational contents. Review articles provide in-depth reviews of both established and new areas in health promotion. Field studies provide activities relating to health promotion. Case reports provide reports investigated precisely on specific cases or patients happened rarely. Materials provide useful information relating health promotion and its research. Others include book review (only for academic books), voice from members, conference report, letter (opinions on publications), and information on research and education in health promotion.
4 . Human studies shall be conducted in accordance with the recommendations outlined in the Declaration of Helsinki.
5 . If the authors cite figures, tables, pictures, and questionnaires that are published in other manuscripts, the authors shall get copyright clearance to use them from the owner of copyright before submitting.
6 . All manuscripts shall be prepared in the manner prescribed in PREPARATION OF MANUSCRIPTS. They shall be written in Japanese or English. An English abstract shall be attached to the manuscripts. A maximum of five English keywords shall be placed after the abstract. If the manuscript is written in Japanese, Japanese keywords are also required. Do not use words in the title as keywords.
7 . The editorial board is responsible for decisions concerning accepting, revising, prioritizing, and proofing content for publication, although the author is responsible for the proofing of the first version. All decisions will be sent to the authors in the name of the Editor-in-Chief.
8 . If manuscripts are published in the journal, the copyright of the article shall be assigned to the Japan Society of Health Promotion.
9 . The publication fee is JPY 25,000 per accepted manuscript. When the accepted manuscript exceeds the designated pages after typesetting, additional publication fees will be charged to the authors.
10 . The authors prepare 4 files, which are a cover letter, a checklist before submitting, a manuscript (including the information on authors), and a manuscript (excluding the information on authors). The files should be downloaded via the webpage of Japanese Journal of Health Promotion. Figures and tables should be included in the manuscripts. File names should not be changed. Manuscripts shall be sent in an e-mail message as attached files to kenkousien.journal@gmail.com.
   


PREPARATION OF MANUSCRIPTS
1 . The cover page of the manuscript (including the information on authors) shall contain the following information: title; authors’ complete names, institutions, and postal addresses; address of the representative author; category of publication; the numbers of tables and figures; and the number of required offprints (JPY 10,000 for every 50 copies).
2 . Japanese manuscripts shall be typed horizontally by a word processor on A4 paper, with 30 characters each of the 25 lines (or a total of 750 characters). They shall contain an English abstract (no more than 250 words) and a Japanese translation.
3 . English manuscripts shall be typed on A4 paper with double line spacing throughout. They shall contain an English abstract (no more than 250 words) and a Japanese translation (no more than 1,500 characters).
4 . Original and review articles and material shall be no more than 20 pages, including the figures, tables, and references. Field study, case report, and others shall be no more than 10 pages. The page number shall be placed at the bottom center of the page. The line number shall be placed at the left margin and start from 1 in every page.
5 . Figures and tables are all essentially written in English for English papers. However, they can be written in Japanese or English for Japanese papers. Their locations shall be indicated in the text. They must be located immediately following the references in the manuscript files.
6 . References shall be numbered according to the order in which they appear in the text and listed at the end of the text according to the following format. The number of the references shall be indicated in the text as …reported,1) …known, 2,3) …referred to other studies.4-7) When there are seven authors or more, list the first three names followed by et al.


Journal article
1) Trombetti A, Hars M, Hsu FC, et al.: Effect of physical activity on frailty: Secondary analysis of a randomized controlled trial. Ann Intern Med, 2018; 168(5): 309-316.
   
Monograph
2) Rogers EM: Diffusion of Innovation (5th Ed.). Free Press, New York. 2003; 11-50.
   
   
7 . Before acceptance, manuscripts shall exclude the authors’ name and affiliation from acknowledgement and ethical review sections.
8 . Revised manuscripts must be submitted within two months. If the authors do not submit before the deadline, the editorial board considers that the authors have decided to withdraw the manuscript. When re-submitting, a response letter shall be prepared to respond to each comment from the reviewers. In each response, the corresponding page and line numbers in the revised manuscript must be indicated.
   
  Revised as of June 1, 2017
Revised as of November 1, 2018



  日本健康支援学会 会誌     日本健康支援学会 学術集会



ページ上部へ




Copyright © 2018 Japan Society of Health Promotion. All Rights Reserved.